足立区 川口市 社会保険 就業規則
ご挨拶

 「柳沢社会保険労務士事務所」のホームページへご訪問いただきましてありがとうございます。
 事務所所長の「柳沢 明」と申します。

代表者
 さて、多くの社長さんは、「社員と会社が一緒に成長していきたい」「社員に生きいきと仕事をしてもらって、会社の業績アップに繋げたい」などの思いや高い志しを抱きながら、会社の業績向上・成長発展を目指し、日々の経営活動にご尽力されているものと思います。

 当事務所は、経営活動の中で発生する人事労務に関する課題やお悩みを御社と共有し、人事労務の専門家として、御社の経営環境の整備をご支援するサポーターでありたいと考えております。
 サービスのご提供を通じて、御社の成長発展に貢献できれば大変嬉しく思います。 またそれが当事務所にとってパワーの源となります。

 人事労務管理は、労働保険・社会保険の事務手続きや給与計算だけではなく、組織や人材の活性化等を通じて企業の発展に寄与する重要な経営管理のひとつです。
 まずはお気軽にお問い合わせください。


基本コンセプト ★
当事務所では以下を基本コンセプトとして掲げ、実践に努めて参ります。

○ シンセリティー(誠実)
 初心・感謝の気持ちを忘れずに、明るく真摯な姿勢でご対応し、できる限り判り易いご説明を心がけて参ります。

○ スピーディー(迅速)
 サービスのご提供や納品の期限、お約束をお守りし、フットワークの良い対応をいたします。事務処理等の効率的な運用を心掛け、お客様のニーズにお応えできるよう、努めて参ります。

○ ベネフィット(利益)
 お客様の健全かつ継続的な成長発展のために、お客様の利益を第一と捉え、お客様の目線でサービスのご提供に努めて参ります。

お知らせ
お知らせ

労働問題等に係る事業主向けサービスのご案内2014/12/01
建設業の一人親方 労災保険 特別加入のご案内2013/10/04

>> 一覧へ

人事労務ニュース
人事労務ニュース

厚生労働省が公開する新型コロナの拡大防止チェックリスト2021/01/19
在籍型出向による雇用維持支援と産業雇用安定助成金(仮称)2021/01/12
企業の年間休日数は平均109.9日に増加2021/01/05
年5日の年休取得義務化と押さえておきたい個別事例2020/12/29
多くの従業員を解雇等するときに必要な届出2020/12/22

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   

 人事労務に関する法令の中で、労働者数により制度の適用が分かれるものがありますが、「常時使用する労働者」や「常用労働者」というように法令で表現が分かれていることがあります。今回は、これらの定義について代表的なものをとり上げます。>> 本文へ

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   

 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、歩合給制における割増賃金の計算方法についてとり上げます。>> 本文へ

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
退職証明書
従業員が退職する際に、その請求に基づき交付する退職証明書です。その内容は、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金、退職の事由について記載することになっており、中途採用者の前職での経験や待遇を確認する手段に利用できます。その他にも、退職後の社会保険から国民健康保険に切り替える際の日付確認にも利用されているようです。
shoshiki093.doc  shoshiki093.pdf

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

2021年4月〜36協定届が新しくなります
労働基準法施行規則が改正され、36協定届における押印・署名の廃止と、36協定の協定当事者に関するチェックボックスの新設されたことを周知するリーフレット
重要度:★★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2020年12月
nlb1468.pdf

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 2月は年末調整の後処理が終わり一息つく時期ではありますが、新年度が近づいてくるため、新入社員の受入れや昇給の検討等、4月に向けて準備を行う必要があります。スケジュールを確認して漏れのないよう業務を進めましょう。>> 本文へ

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
休憩時間
労働者が使用者の指揮命令から解放され、自由に利用できる時間のことをいう。使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては45分以上を、8時間を超える場合には60分以上を労働時間の途中に与える必要がある。

お問合せ
柳沢社会保険労務士事務所
〒121-0836
東京都足立区入谷7-14-6
TEL:03-5837−4941
FAX:03-5837−4942